皆様こんばんは。
今週は消防団ウィークの
石屋ブロガーの湊和也です。

昭和20年1月15日
深夜から明け方にかけて
僕のふるさとである
二本松市小浜は大きな炎に包まれた。

これは何かといいますと
小浜で語り継がれている
「小濱町大火」のことです。

「岩代小浜の歴史と文化を護る会」発行の
小濱町大火に関するチラシが
本日折込チラシに入りました。

DSC_1115

DSC_1116

終戦の七ヶ月前という時世
出征による若者不足
炎を煽る北西の強風
町中の家屋が茅葺き屋根
水源の不足などなど
数々の不運が重なって
消火活動は困難を極めたそうです。

現在でこそ
消防団の消火設備は充実していますが
当時は腕用ポンプが主流
尚且つ小濱町に唯一あった
ガソリンポンプは火元近くにあったため
炎に包まれてしまうという重ねての不運。

甚大な被害が出た火災だったようです。

というわけで
この大火を教訓に
今年は昔ながらに
拍子木や鉦を鳴らしながらの火防督励を行います。

DSC_1117

15日㈮の夜は
僕たちの「火の用心!!」の声が
小浜の町の中に響き渡りますよ~!!

ちなみに
昭和55年11月の湊家の火事。
小濱町大火並みの騒ぎになったとか(^_^;)

お騒がせしましたm(_)m

石材業界の発信KING宣言!!

Twitter https://twitter.com/kazuyastone
Facebook https://www.facebook.com/kazuya.minato3
Instagram https://instagram.com/sanakotonastone/

㈲ミナト石材も最新情報更新中!!

HP http://minato-sekizai.com/
Facebookページ https://www.facebook.com/minatosekizai
MAIL info@minato-sekizai.com

この記事を書いた人

湊 和也㈲ミナト石材 専務取締役
福島県二本松市小浜 ㈲ミナト石材 専務取締役。120年続く石屋の五代目です。お墓は「大切だった亡き御家族様の安らかな眠りを願う、残された御家族様の祈りの象徴」です。この私信を胸に、僕は人を想ってお墓をつくり続けます。・・・・・とまあ、お堅い自己紹介はここまで(笑)お酒大好き!!お祭大好き!!二人の娘を持つ石屋のおとっつぁんです!!最近は腕時計の収集に夢中~。と言っても高級品ではなくチープカシオね(笑)ブログは毎日更新しています。お墓づくりに不安のある方や疑問をお持ちの方の一助になれれば、僕にとってこの上ない喜びですっ!!
昭和20年の小濱町大火。

One thought on “昭和20年の小濱町大火。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です