今朝背中にビキッと鈍い痛み。
ちょうど右の肩甲骨の下あたりが痛くて仕方ありません。
痛みが走ってすぐは息苦しさもありました。
今日は朝から工場での加工だったのですが
弟へ内容を指示し即時地元の整骨院へ。
先生にマッサージしていただいて痛みも少し引き
何とか仕事に戻れました。
しかし
しばらくは背中をかばいながら仕事する日々が続きます。
実はこの背中の痛み・・・・・持病なのです。
毎年3月終りから4月初めの間に
必ずといっていいほどやって来ます。
弟には
「今年は今日かい。」といわれるほど
私のこの背中痛は知れ渡っています。
石屋の仕事は
やはり体への負担は大きい仕事だと思います。
一年間たまった背中や腰への負担が
毎年この時期に痛みとして出るのでしょうか?
先生には毎年
「痛くなってからくるんじゃなくて
痛くならないように定期的に通いなさい。
それが治療というんだよ。」
といわれます。
この痛み毎年付き合うのは嫌なので
今年から定期的に先生に背中の状態を見てもらおうと思います。
今夜まだ9時ですが痛みで何もする気がおきないので
もう寝ます。

この記事を書いた人

湊 和也㈲ミナト石材 専務取締役
福島県二本松市小浜 ㈲ミナト石材 専務取締役。120年続く石屋の五代目です。お墓は「大切だった亡き御家族様の安らかな眠りを願う、残された御家族様の祈りの象徴」です。この私信を胸に、僕は人を想ってお墓をつくり続けます。・・・・・とまあ、お堅い自己紹介はここまで(笑)お酒大好き!!お祭大好き!!二人の娘を持つ石屋のおとっつぁんです!!最近は腕時計の収集に夢中~。と言っても高級品ではなくチープカシオね(笑)ブログは毎日更新しています。お墓づくりに不安のある方や疑問をお持ちの方の一助になれれば、僕にとってこの上ない喜びですっ!!
うっ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です