皆様こんにちは。天候が回復しました。現場を再開しています。お日様が出ますと昨日の積雪もどんどんなくなっていくでしょう。どうも!!昨日の雪を最後にもう降らないと信じてやっとタイヤ交換を進める石屋ブロガーの湊和也です。

早目に交換していた方にとってはドン引きの雪でしたね(笑)

さてさて。先日書きましたこちらの記事。

実は現在のお墓がある場所が難所でして、下からの墓地用クレーンや運搬車の搬入が叶いません。急勾配でほぼ階段。石屋泣かせの墓地でして(^_^;)んじゃどうするの~?という話なんですが、実はこの墓地の上を「観音丘陵遊歩道」という二本松市で管理している遊歩道が通っていまして、この遊歩道へ工事車両を進入させていただいての施工を考えています。というわけで先程二本松市役所の都市計画課を訪ねて、この遊歩道への車両進入に関する許可について伺ってきました。

んで~二本松市への許可申請はそれほど複雑なものではありませんでした(^_^;)しかし二本松警察署へ道路使用許可の申請も必要とのこと。

二本松市近辺の石屋さんにとってこういった許可の申請って、➀お仕事の先が寺墓地であればそのお寺様へ工事許可書の提出、➁共同墓地であればその墓地管理組合に工事許可書の提出、この二つがほとんどです。そう考えますと今回は許可申請が通常より多いお仕事となります。警察署への道路使用許可申請は経験のない石屋さんは「難しいのか?」と身構えてしまうかもしれませんね(^_^;)ちなみに僕はお仕事ではないですけど、「小浜の紋付祭り」や「いわしろ夏祭り」の段取で経験済み。だから「面倒臭いな~。」と考えちゃう石屋さんがいるかもしれない。でもそれってよくないです。

「許可とるの億劫だという自分の都合を優先して、危険だとわかっている作業を施工班に課す。」

僕にはこんなことできません。危険なことやらせて最悪の事態が発生したときどう責任を取るんですか?市と警察署の許可をいただければ安全な施工が可能なわけですから億劫だなんてことないですよ。んで安全に撤去作業を完了できれば、撤去してきた墓石を極力使用しての新墓地への新設が叶います。要は安全施工のその先にお客様の満足があるわけです。

というわけで「安全な施工のために。そしてお客様のために。」行うべきことを順次進めていきたいと思います。

警察署か~。何も悪いことしていないんだけど妙にドキドキするんだよな~。何でかな~?(笑)

 

(´∀`)ひそやかに石材業界の発信KINGを目指しま~す♪(´∀`)

Twitter https://twitter.com/kazuyastone
Facebook https://www.facebook.com/kazuya.minato3
Instagram https://instagram.com/sanakotonastone/

㈲ミナト石材も最新情報更新中!!

HP http://minato-sekizai.com/
Facebookページ https://www.facebook.com/minatosekizai
MAIL info@minato-sekizai.com

この記事を書いた人

湊 和也㈲ミナト石材 専務取締役
福島県二本松市小浜 ㈲ミナト石材 専務取締役。120年続く石屋の五代目です。お墓は「大切だった亡き御家族様の安らかな眠りを願う、残された御家族様の祈りの象徴」です。この私信を胸に、僕は人を想ってお墓をつくり続けます。・・・・・とまあ、お堅い自己紹介はここまで(笑)お酒大好き!!お祭大好き!!二人の娘を持つ石屋のおとっつぁんです!!最近は腕時計の収集に夢中~。と言っても高級品ではなくチープカシオね(笑)ブログは毎日更新しています。お墓づくりに不安のある方や疑問をお持ちの方の一助になれれば、僕にとってこの上ない喜びですっ!!
安全な施工のために。そしてお客様のために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です