皆様こんばんは。今週土曜日に仙台にて同世代の石屋の有志の集まりが開催されます。もちろん僕も参加させていただきます!!今から楽しみでなりません♪どうも!!当日は仙台泊なのですが、翌日早朝から地元で用事があるので楽しくて飲み過ぎないように今から気にしている石屋ブロガーの湊和也です。

どうなることやら(笑)

さてさて。本日も午後から字彫り。本日は花立の家紋と墓誌を彫りました。

タイトルにもありますが、実は墓誌などに彫る小さい字の中で画数の多い字を彫るときはかなり慎重になるんです。

何故か?

石に字を彫るときは、石にゴムシートを貼って彫りたい字の部分だけゴムを抜き、石の表面をあらわにします。

こちらは記念碑の文字の字彫り前。これだとわかりやすいでしょうか。この状態でサンドブラストで彫るわけですが、ゴムを貼った部分は彫り下がらず、石の表面があらわになっている部分だけ彫り下がるという理屈です。

んでこの彫る前の段階で「島(しま)」と呼ばれる部分が生まれます。それは4方が彫る部分に囲まれたぽっちと残るゴムの部分。例えば「口(くち)」という字を彫るとしてゴムが残る真ん中の部分ですね。この島が大きければ問題はないのですが、各数が多い小さい字ですとこの島が小さく残る場合が(゚д゚)んでこの小さな島には彫っている最中に剥がれて飛んでいってしまうリスクがあるんです。剥がれて飛んでいってしまうということで、彫り下げたくない部分のゴムがなくなり余計な部分まで彫ってしまうことになります(^_^;)

というわけで僕達石屋は、画数の多い小さな字を彫るときは小さな島を飛ばしてしまわないようにかなり慎重に彫っているんです!!

本日彫りました墓誌。この小さな島が多発でした(^_^;)

全て上手く彫ることができました♪

おかげで今夜はぐっすり寝れそうです(笑)

 

(´∀`)ひそやかに石材業界の発信KINGを目指しま~す♪(´∀`)

Twitter https://twitter.com/kazuyastone
Facebook https://www.facebook.com/kazuya.minato3
Instagram https://instagram.com/sanakotonastone/

㈲ミナト石材も最新情報更新中!!

HP http://minato-sekizai.com/
Facebookページ https://www.facebook.com/minatosekizai
MAIL info@minato-sekizai.com

この記事を書いた人

湊 和也㈲ミナト石材 専務取締役
福島県二本松市小浜 ㈲ミナト石材 専務取締役。120年続く石屋の五代目です。お墓は「大切だった亡き御家族様の安らかな眠りを願う、残された御家族様の祈りの象徴」です。この私信を胸に、僕は人を想ってお墓をつくり続けます。・・・・・とまあ、お堅い自己紹介はここまで(笑)お酒大好き!!お祭大好き!!二人の娘を持つ石屋のおとっつぁんです!!最近は腕時計の収集に夢中~。と言っても高級品ではなくチープカシオね(笑)ブログは毎日更新しています。お墓づくりに不安のある方や疑問をお持ちの方の一助になれれば、僕にとってこの上ない喜びですっ!!
画数の多い小さい字はかなり慎重に彫ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です