皆様こんにちは。本日は良い意味で予想がはずれました。終日雨を予想して現場は諦めていたのですが、結局降らずで何事もなく現場を進めることができました。どうも!!一日得した気分で「ひゃっほいっ!?」と叫んでしまいそうな石屋ブロガーの湊和也です。

ここ最近ブログを書けていない日が続いていました。これでブロガーと呼べるのだろうか?(笑)

さてさて。おかげさまでお盆前最後の墓所新設工事も石塔と法名碑の建上を残すのみとなりました。順調に現場を進めてくださいました施工班の皆様には頭が下がります。本当にありがとうございますm(_)m

墓地工事以外ですと、現在残っているお仕事は戒名彫りが2件と軽作業の御依頼が2件。お盆ギリギリにならないように余裕を持って終えたいと思います。んでお盆前に数日の余裕が生まれたら工場と土場の整理!!少々散らかっておりますのでね(^_^;)

んで本日僕は終日字彫り場で彫刻作業。お盆前最後の現場で建上するフィンランド産バルチックキングの彫刻を行っていました!!んで夕方には全て終了~♪

建上後の立派なお姿が今から楽しみです!!

「魂を込めて」「命をかけて」「全身全霊で」などなど。

僕達石工は彫刻作業をこういった言葉で表現しがち(^_^;)一般の方は「大袈裟だな~。」と思うかもしれません。

でもね!!

石に字を彫るって失敗が許されない作業なんです。「やべ。下手こいた。新しい石に交換して彫るか~。」こんな簡単にはいかないんです。そのため彫刻作業にはとてつもない集中力が必要です。

深さを誤らないために両目に!!
ノズルを操る右手の指先に!!
圧を調整する左手の指先に!!

流れ落ちる汗が気にならないくらい、話しかけられても気が付かないくらい、防塵マスクの中の自分の吐息の臭さが気にならないくらい、物凄く集中力を使うんです。そのため彫刻後はそれなりの疲労が伴います。その疲労は「神経が磨り減ったわ~。」「命を削ったわ~。」といっても過言ではないくらい。

だから!!

「魂を込めて」「命をかけて」「全身全霊で」などなど。

こういった表現を僕は大袈裟ではないと思うんだな~♪

 

(´∀`)ひそやかに石材業界の発信KINGを目指しま~す♪(´∀`)

Twitter https://twitter.com/kazuyastone
Facebook https://www.facebook.com/kazuya.minato3
Instagram https://instagram.com/sanakotonastone/

㈲ミナト石材も最新情報更新中!!

HP http://minato-sekizai.com/
Facebookページ https://www.facebook.com/minatosekizai
MAIL info@minato-sekizai.com

この記事を書いた人

湊 和也㈲ミナト石材 専務取締役
福島県二本松市小浜 ㈲ミナト石材 専務取締役。120年続く石屋の五代目です。お墓は「大切だった亡き御家族様の安らかな眠りを願う、残された御家族様の祈りの象徴」です。この私信を胸に、僕は人を想ってお墓をつくり続けます。・・・・・とまあ、お堅い自己紹介はここまで(笑)お酒大好き!!お祭大好き!!二人の娘を持つ石屋のおとっつぁんです!!最近は腕時計の収集に夢中~。と言っても高級品ではなくチープカシオね(笑)ブログは毎日更新しています。お墓づくりに不安のある方や疑問をお持ちの方の一助になれれば、僕にとってこの上ない喜びですっ!!
フィンランド産バルチックキングの彫刻が終了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です