検品作業を欠かすことはできません。

皆様こんにちは。先週は胃痛に悩まされ体調不良の一週間でございました。今ではずいぶん回復してだんだんと本調子といったところです。どうも!!何事も体が資本であることを痛感している石屋ブロガー(?)の湊和也です。

体が資本・・・・・いい加減にタバコやめよかな・・・・・やめるのやめよかな(笑)

さて。現在は二本松市沼ケ作地区にて墓所新設工事を進行中です。今回も狭く急勾配の通路が続くなかなかの難所墓地。施工班の皆様には安全第一で石材・資材の運搬を行っていただければと思います。

今回使用します石材は全て中国加工製品になります。日本に輸入されている外国加工石材製品は主に中国加工とインド加工。いずれも木枠で梱包されて船荷で日本へやってきます。

昨日はその木枠を解体して製品を取り出して、「指示通りに加工されているか?」「磨き残しはないか?」「輸送の最中に破損が発生していないか?」などを確認する検品作業を行いました。

これらは外柵になります。今回はすっきりとしたシンプルな外柵をおつくりいたします。弊社ではシンプルな設計が基本。どうも装飾過多なお墓は好みではありません(^_^;)まあ僕の好みなんてはどうでもいいんですけど、シンプルな外柵の方がお掃除がしやすくておすすめなのです。

検品の後は仕上げの加工に移行します。

これらは石塔類になります。石目を見てどの面を正面にするかを吟味することも、この検品作業の中で行います。

この後、字彫り場にて文字彫刻を行います。字彫りは石屋が最大限の集中力を込めて行う作業ですね~。今回も素晴らしい字を目指します!!

弊社では入荷した石材は必ず工場で検品を行いますが、業者さんによっては木枠のまま墓地に搬入している場合もあるようです。「加工不良」「磨き残し」「輸送中の破損」などがなければそれでも良いのでしょうけど、万が一それらがあったとしたら、現場は止まるし工場に運ぶ手間は増えるしとけっこう大変かなと(^_^;)

そうならないように弊社では欠かすことのできない作業として検品を行っています。

加えて、そうすることで間違いのない品物をお客様にお渡しできますので、お客様のために欠かすことのできない一手間なのです!!

 

(´∀`)ひそやかに石材業界の発信KINGを目指しま~す♪(´∀`)

㈲ミナト石材も最新情報更新中!!

HP http://minato-sekizai.com/
Facebookページ https://www.facebook.com/minatosekizai
MAIL info@minato-sekizai.com

この記事を書いた人

湊 和也㈲ミナト石材 代表取締役社長
福島県二本松市小浜 ㈲ミナト石材 代表取締役社長。120年続く石屋の五代目です。お墓は「大切だった亡き御家族様の安らかな眠りを願う、残された御家族様の祈りの象徴」です。この私信を胸に、僕は人を想ってお墓をつくり続けます。・・・・・とまあ、お堅い自己紹介はここまで(笑)お酒大好き!!お祭大好き!!二人の娘を持つ石屋のおとっつぁんです!!最近は腕時計の収集に夢中~。と言っても高級品ではなくチープカシオね(笑)ブログは毎日更新しています。お墓づくりに不安のある方や疑問をお持ちの方の一助になれれば、僕にとってこの上ない喜びですっ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です