祖母の命日に思う。

皆様こんにちは。天気の良い日曜日です。本日は納骨の御依頼と先日仕上がったお墓への入魂式がありまして、朝から通常通り出勤しています。どうも!!せっかく朝から出勤してるので、色々とお仕事の段取りを進める石屋ブロガーの湊和也です。

主に戒名彫りの段取りですね。春彼岸まで約一ヶ月。だんだんと御依頼が立て込んできましたので、今のうちからペース良く進めていきたいと思います。春彼岸直前にてんやわんやは嫌なので(笑)

さて。先日の2月13日は祖母の命日でした。んでこんなtweetを。

長女のこの行動に感心。

僕にとっての祖母は長女にとっては曾祖母。我が家では祖母は「ばあちゃん」で曾祖母は「大きいばあちゃん」と呼んでいました。わざわざ書かなくても「大きいばあちゃん」という言葉のニュアンスは伝わりますね(笑)

実は命日の数日前に長女から「パパ。2月13日は大きいばあちゃんの命日だからね。」との話もありましてさらに感心。

こんなこと書くと自惚れと感じられてしまうかもしれないんですが、お彼岸やお盆などにちゃんと一緒にお墓参りに行き続けていることで故人を敬う心が養われているのだな~と感じます。

日本人というのは、古い時代から「故人を敬う」という教育がもっとも身近なところでは家の中にありました。簡単に言えばお墓や仏壇で手を合わせる行為です。僕はこの教育が脈々と続いてきたことで日本人は穏やかな精神性を育んできたのだと思います。

親が子を殺めたり、子や親を殺めたり、何と言うかこう・・・・・酷い事件をよく耳にする昨今。あらためて穏やかな精神性を育むために、御先祖様や亡き家族の供養のこと、そしてお墓参りのこと、日本人はそれを見直すべきところに立たされているのではないでしょうかね~。

幼子が墓前で手を合わせる光景がこの国から無くならないことを願って。嗚呼。

どれ。明日は月曜日。週の良いスタートを切りたいと思います。まずは現場彫り~。

(´∀`)ひそやかに石材業界の発信KINGを目指しま~す♪(´∀`)

㈲ミナト石材も最新情報更新中!!

HP http://minato-sekizai.com/
Facebookページ https://www.facebook.com/minatosekizai
MAIL info@minato-sekizai.com

この記事を書いた人

湊 和也㈲ミナト石材 代表取締役社長
福島県二本松市小浜 ㈲ミナト石材 代表取締役社長。120年続く石屋の五代目です。お墓は「大切だった亡き御家族様の安らかな眠りを願う、残された御家族様の祈りの象徴」です。この私信を胸に、僕は人を想ってお墓をつくり続けます。・・・・・とまあ、お堅い自己紹介はここまで(笑)お酒大好き!!お祭大好き!!二人の娘を持つ石屋のおとっつぁんです!!最近は腕時計の収集に夢中~。と言っても高級品ではなくチープカシオね(笑)ブログは毎日更新しています。お墓づくりに不安のある方や疑問をお持ちの方の一助になれれば、僕にとってこの上ない喜びですっ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です