いきなり秋になりましたねっ!!

しばらく降り続いた雨も上がりまして
雲の隙間から秋晴れがのぞいています。
残暑厳しい日々でしたがいきなり秋らしくなりました。
「暑さ寒さも彼岸まで」とはいいますが
もう少しゆるやかに季節が変わってくれると助かります。
急な気温差で風邪ひき多発。
娘。社員数名。何だか僕も喉に違和感。
今夜は早く休みたいな。
え~さてさて。
左足ですが明後日でアキレス腱断裂から10週。またあすは通院日になっています。
先週は良い経過にテンション上がりましたが
明日はどうでしょう・・・・・。
「紋付祭」の段取も本格的に忙しくなってきまして
実は自宅で行うべきリハビリがあまり出来ていません。
仕事中や祭典段取の打ち合わせ中の
空いた時間に行うようにしているのですが・・・・・。
NCM_0225[1]_convert_20120925110123
とまあ不安はありますが
足首の可動域はほぼ右足と変わらなくなりました。
NCM_0226[1]_convert_20120925110202
浮腫はまだ完全には取れていません。
右足に比べ血色悪いな。
ふくらはぎの筋肉というのは収縮することにより
血液を足の末端まで送るポンプの役目もしているそうです。
そのため
左足のふくらはぎの筋力が落ちている(ポンプの動力が落ちている)ことにより血流が悪くなる。
血流が悪いことで体内の老廃物が溜まりやすくなり
足が浮腫むというわけですね。
まあいきなり筋力が元に戻るわけはありませんので
日々の積み重ねが大切ですね。
主治医からは毎週同じように
「アキレス腱断裂は完治まで時間かかるからね。」と念を押されます。
本格的にリハビリが始まったこの頃になって
主治医の言葉が効いてきますね。
どれっ!!
昼飯まで筋トレすっか(^。^)

ちょうど二ヶ月。どやっ!!!!

今日でアキレス腱断裂からちょうど二ヶ月。
朝から通院とリハビリでした。
まずは診察。
触診にてアキレス腱の状態を確認。
先生から「大丈夫。徐々に柔軟性も戻ってきたね。」
次に足首の可動域の確認。
診察台に座り左足首を起こす。
「ずいぶん右足に近づいてきたね。」
よっしゃ!!
先生の話ではギプス固定と装具が終わり
9週目で可動域がこれだけ戻って来ているのは順調過ぎるくらいの回復とのこと。
また三ヶ月目から運動の許可を出せそうということです。
経過が悪い方ですと半年経っても日常生活に戻れない方もいるそうですが
僕の場合階段を降りる以外は日常生活に支障がないのでありがたい話です。
運動の許可ですが11月半ばか12月半ばくらいかなと考えていたので
来月半ばから許可が出るのはうれしいかぎりです。
まあまだ全力でとはいかないでしょうけど。
さてリハビリ。
先週は
担当の先生の「予想以上に固い。」発言とあまりの痛さと恐怖にショックを受けましたが
今週は・・・・・・・。
自分なりに痛みと恐怖に耐えて一週間頑張ってきたつもりです。
んで診てもらうと
間一週間にしては良い進歩だそうです。
先週とは見違えるとのこと。
そりゃ主治医も驚いてましたからね。
どやっ!!!!!!!!!!
とまあここで満足せず今後も正常な可動域を目指します。
今日はまたマッサージを堪能して
歩行訓練と新たにふくらはぎの筋トレを行い
あとはゴムチューブを使った足首の筋トレを学びました。
全て自宅や会社で出来るので頑張りまっせ!!
また来週水曜日にリハビリです。
日に日に回復する左足。
アキレス腱断裂して気持ちは落ちるとこまで落ちました。
あとは上げていくだけ!!
ワッショイッ!!!!!!!!!!

秋彼岸間近!!熱を帯び始める我が故郷!!

二本松市の秘祭「紋付祭」の挙行へ向けた準備も
各若連会で本格的にスタートしております。
我が新町若連会も15日に全体会議・笛係丁場始めを行いまして
いよいよ寝不足・肝臓酷使の日々の始まりです。
祭典中またその準備期間は
二本松市小浜地区が一年で最も熱くなる時期かもしれませんね。
しかし秋のお彼岸が近いというのに異常な残暑。
今年は何なんでしょう?
もう少し涼しいと何かと助かります。
さて。
昨日は娘の祭衣装を買いに行ってきました。
DSC_0054[1]_convert_20120917142126
こちらは私とはずいぶん年の離れたいとこが着ていたものです。
腹掛と股引はこれを着て
下のダボシャツからはっぴと各種小物は派手なものを新調しました。
当日が楽しみです。
さてさて。肝心の私の足ですが・・・・・
日に日に可動域が元に戻りつつあります。
それにともない歩き方も段々正常に近付いています。
NCM_0203[1]_convert_20120917142201
もうちょっとです!!
祭典中は三日間の太鼓台引回しで結構な距離を歩き続けるようになります。
本番まで三週間弱。
せめて歩行に関しては完全復帰していたいっ!!
ワッショイ!!ワッショイ!!
ヤレヤレヤレヤレーーーーーーー!!!!!!!!!!

さようなら。今までありがとう。

アキレス腱断裂から8週が経過しました。
本日は通院日。
診察後はリハビリのスタートです。
んで診察ですが経過は良好!!
先生から装具なしでの生活の指示が出ました。
うっひょっ!?
自分としてはもう一週装具生活かなと思っていたので嬉しい限りです。
NCM_0194[1]_convert_20120912132237
56日ぶりに靴を履きました。
じつはこちら断裂当日に履いていたフットサルシューズです。
まさか今日から装具なしとは思っていなかったので
車に積んであったこちらで一時しのぎ。
何やら派手ですが母校の福島東高校サッカー部のチームカラーです。
さて。リハビリ。
ドヤ顔でリハビリテーション室へ。
まずは患部周辺のマッサージ。
足首やアキレス腱の可動域を確認しながら丁寧なマッサージをしていただきました。
約20分間でしたかね。
かなり心地よくて後半はほぼ寝てました。
「痛いですか?」とか聞かれながらだったんですが
後半の僕の返答は「ムニャムニャ」的な感じばかりで
申し訳なかったです(汗)
マッサージ後リハビリの先生から
予想していたよりも足首とアキレス腱が固まっているとお話がありました。
まずは両方の可動域を右足同様に戻すこと
それと正常な歩行へ向けた訓練をしていくそうです。
で早速可動域のリハビリ。
先生の指示通りの体制になり左足へ体重をかけたその刹那。
(;゚Д゚)!
(;゚Д゚)!
(;゚Д゚)!
信じられない痛みと張り。
そしてアキレス腱のパンパンな張り具合から感じる最断裂という恐怖。
油汗ボタボタ。
天国から地獄へ落ちました(泣)
しばらくは痛みと恐怖との戦いになりそうです。
でもね。めげませんぜ。
「絶対に治さねばならない左足がここにあるっ!!」

恐怖っ!!UNIQLO試着室にてっ!!

昨日は日曜日。
左足不自由だからってずっと家にいても
せっかくの休日が勿体ないので妻と娘とお出かけ。
これから10月末までは
自分が関わっている祭典やイベントの段取や開催が週末に目一杯入ってきて
家族サービスゼロ月間になるので今のうちにという思いもありますし。
午前中新町若連会の用事を済ませお昼前に日和田のジャスコへGO!
まずはUNIQLO。
これから涼しくなるので着回しがききそうな七分袖を買いに行きました。
いいの見っけって感じでその後も店内ウロウロしていましたら
コーデュロイでクライミングパンツっぽいズボンが目につきました。
普段からクライミングパンツ好きの僕。
2000円せず安いし
グラミチとかROKXのコーデュロイのクライミングパンツっぽいっちゃぽいしってことで
購入を決め試着室へ。
いそいそとはいていたグラミチのショートパンツを脱ぎ下はパンツだけになったとき
やっちまったと気付きました
今現在の僕の着替え方ですが上着は問題なし。
ズボンは片足立ちができないのでイスが必要となってます。
脱ぐのはイスなしでできるのですが。
そう。パンツになったもののズボンはけない。
やっちまった。
どうすっぺ。
強行突破しかないな。
恐る恐る片足立ちでチャレンジ。
パンパンに張るアキレス腱。
装具になってからはじめて経験する張り具合。
あぁ。
再断裂しちゃうのでは。怖いよ~。怖いよ~。
で無事にはけました。
その後試着した状態で店員さんに声かけて
イスを持ってきていただきもともとのショートパンツも難なく着替え完了。
今考えれば
下がパンツだってカーテンから顔だけ出して店員さんにこえかけるとか
スマホで同じ店内にいた嫁さんに電話するとか方法はありましたね。
人間テンパると冷静な判断ができなくなるのでしょうか。
反省。
反省。

バランスって大事なんでしょうね~。

秋が近付いています。
秋といえばお祭りシーズン。
とりあえず今秋私が関わっているものをズラリと。
・小浜の紋付祭
・道の駅安達秋の大感謝祭
・岩代産業文化祭
・霞ヶ城公園紅葉祭
会議が重なることもあり結構大変。
で会議後は酒宴が付き物で酒宴も重なります。
基本的にお酒は大好きなのですが
一晩にふたつの酒宴に不自由な左足を引きずっての参加は疲労が半端ない。
予想はしていましたが
アンバランスな歩行を続けるという無理がたたりました。
右膝爆発ε=(・д・`*)ハァ…
仕事で無理な姿勢での作業が続いたりするとたまに痛くなっていたんです。
今回もサポーターで凌ぐか。
と探したら・・・・・ない。
実はアキレス腱断裂当日のフットサルの試合で念のため膝サポーターして出場していたのですが
どうやら断裂後のドタバタでなくしてしまったらしい。
どこで外したかも覚えていません。
仕方ないので新しいの買いました。
NCM_0186[1]_convert_20120908105652
満身創痍。
いやいや下半身創痍だ(;´Д`)

ちょっとがっかり・・・・・。

アキレス腱断裂から7週。今日は朝から病院でした。
いつものように触診。
先生「転んで左足に無理な力かかってないよね?」
 僕「は、はい。」
酔って転んだなんて言えません。まあアキレス腱は無事ですし。
先生「腱は良い感じです。順調ですよ!!」
良し良し。
先生「でもねアキレス腱断裂の治療はどうしても時間がかかります。焦らずね。」
焦らずじっくり。徐々に回復する喜びを噛み締め治療に励みます!!
また更にかかとが低くなりました。
NCM_0180[1]_convert_20120905133830
先生から足首も結構動くようになったので
今日からリハビリを始めましょうとお話がありました。
ギプス固定解除後はお風呂でのマッサージや足指の筋トレを独自にやっているだけでした。
これからは専門家の指導のもとでのリハビリ。
またさらに完全復帰に近付くとテンション上がります。
診察室の外の外来待合室で待っててと指示があり着席。
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
待てども待てども。
結局三時間経過。
しびれを切らしてリハビリテーションの受付へ。
受付「湊さん。全然来ないので帰ったかと思いましたよ。」
待て待て。
僕は外来待合室で待っててと言われたのですよ。
受付「確認したら外来の看護師さんが御案内忘れてたみたいです。」
 僕「はぁ。」
受付「もうお昼なんでこれからだと午後になっちゃいますね。どうします?」
 僕「時間ないので来週の診察後にします。」
人間誰でもミスはありますので責め立てるつもりはありません。
僕も早めに動くべきでした。(読書に夢中で。)
活字にするとそっけないですけど
受付の方も誠心誠意対応してくれたと思います。
ただ受付奥に見えた昼食の最中の方々の僕を見る目線がなんかなぁ・・・。
クレーマーじゃないのに(泣)
テンションがた落ち。
まあ自分も接客に携わる人間として「気付き」もあったので
良しとしましょう。
酔っては転ぶがただでは転ばん!!
切り替え。
切り替え。

やってもうた~。

昨夜はアキレス腱断裂してからはじめて深酒してしまいました。
19:30からあだたら商工会青年部の定例会。
終了後地元に戻り消防団の点検作業後の慰労会に合流。
終了後新町若連会の若衆の飲み会に合流。
今年の祭典への意気込みや今後の若連会の話等々で盛り上がり
気がつけば深夜1時。
帰路につき自宅の目の前でやってしまいました。
段差を一段乗り越えようと松葉杖をつこうとしたとき
右の杖を側溝の蓋の穴に見事にインサート。
大転倒です・・・・・(涙)
そりゃもう相手にドラゴンスクリュー仕掛けるみたいに。
幸い左足には強い衝撃は加わっていないので
再断裂は免れました。
結果オーライかもしれませんが今後も気をつけなくては。
これから10月の紋付祭にむけての準備が忙しくなります。
もちろん酒宴も増えますので本当に注意しないと。
実はこの瞬間弟も一緒だったのですが
曲がった松葉杖を手でギュウッと真っ直ぐに直してくれました。
どんだけ腕力あんだよ・・・・・・。

ブログ更新してから現場へ向かうとしよう!!

今朝の左足の様子です。
NCM_0176[1]_convert_20120831083629
明日葉のサプリや着圧ストッキングにより浮腫が軽減されてきました。
こまめにマッサージしていることも好影響でしょうか。
マッサージは特に入浴時に念入りに行うのですが
温まった状態で行うのは非常に良いようです。
アキレス腱もよく伸びます。
毎日地道に続けなくては!!
お風呂大好き芸人の私。毎晩長風呂の日々が続いています。
そろそろ患部のアップも載せましょう。
NCM_0177[1]_convert_20120831083658
初登場の手術の傷跡です。きれいにふさがりました。
どうしても傷跡は残ってしまいますが
僕にとっては大した問題ではありません。
男の勲章じゃいっ!!!!
指でさしている部分がアキレス腱断裂した部分。
この写真ではお伝えできませんが断裂部がかなり太くなっています。
アキレス腱も折れた骨が再生するとき太くなるのと同じだそうです。
人体の治癒力とは凄いの一言です。
そういえば私は手術での治療を選びましたが
最近では手術しないで治療する方も多いようです。
保存療法といいまして
ギプス等で固定して自然にくっつくのを待つ治療法です。
アキレス腱って自然にくっつくんですね。
遠藤先生から聞いたときはかなり驚きました。
あの日僕の頭の中は
「アキレス腱断裂=手術」でしたので尚更です。
僕の場合は
仕事が重肉体労働であること
スポーツは続けたいこと
なるべくギプス固定期間を短くしてほしいこと
等々をお伝えして手術での治療となりました。
もちろん保存療法でもスポーツ復帰はできます。
実際に完全復帰したアスリートもいます。
ネットで色々調べるとこちらをすすめている病院も多く
これからは保存療法が主流になっていくんですかね~。
というか保存療法が既に主流なんですかね~。
ただ保存療法の場合ギプス固定二ヶ月間。その後装具一ヶ月。
ここが僕はネックでした。
手術療法の場合ギプス固定一ヶ月。その後装具一ヶ月。
今現在ヨタヨタですが二足歩行しています。
現場でできる仕事も増えました。
保存を選んだ場合まだ固定中になります。
現在業界は繁忙期。
このひと月の差はかなり大きいなとあの日考えたんですよね。
とりあえず選択は間違ってなかったかな。
まあアキレス腱断裂の治療でどちらを選ぶかは
自分の生活環境や仕事・趣味等々をふまえ医師とよく相談して決めるべきでしょう。
あっ!!
これはどんな怪我でも病気でも同じことか。

ドヤ顔で話しかけないでよ~。

アキレス腱断裂から6週。今日は通院日でした。
いつものように受付を済ませ整形外科外来待合室へ。
しばらく待っていると
僕と同じ装具を使用している男性が目の前に座りました。
「この方もアキレス腱断裂か。」と心の中でつぶやいたその刹那
「兄ちゃんもアキレス腱切ったのかい?同じ装具だもんな。」と予想通り話しかけられました。
その後の男性の話。
「兄ちゃん。かかとの厚みからするとまだしばらく装具生活だな。
 俺はもう終わるんだ。やっと日常生活に戻れる。嬉しいね~!!いいだろ~?」
そんなドヤ顔で話しかけなくても・・・・・。
気持ちは理解できますけど。
さて。
僕の経過はといいますと・・・・・順調です!!
少しづつですが足首とアキレス腱の可動域が以前の状態に向かっています。
また更にアキレス腱を伸ばすため装具のヒールが下がりました。
NCM_0173[1]_convert_20120829112551
次は来週水曜日です。
順調であればまたヒールが下がります。
焦らず。
焦らず。