土留め工事をガンガン進めています!!

皆様こんばんは!!毎朝とても寒いですね(^_^;)寒いですが、毎朝の僕の出社時間は変わりません。毎朝6時。早くから動き出していろいろと済ませます。どうも!!とは言いましても、ここのところはストーブの前でゆっくりコーヒーを飲んでいる石屋ブロガーの湊和也です。

春彼岸が近付いてきましたら朝の時間を現場の準備などに使います。今の季節は寒過ぎるので温かいコーヒーをゆっくり楽しませて~(^_^;)

さて。

新年最初のお仕事はこちら。

菩提寺の寺墓地。令和元年の台風19号で土砂崩れ。大変な被害となってしまいました。土砂の搬出などは令和2年の冬に完了しておりまして、今回ようやく土留め工事を行うこととなりました。

実はこちら。かなりの難現場。墓地用重機の搬入のための作業路作製が3か所。被害箇所の間口分の足場作製。さらに土留めが進むにつれ足場を高くしていかなければなりません。そして各種資材の運搬の距離が長い。とにかく手間のかかる大工事です。

今回は間知石ではなく間知ブロックでの土留め。全部で約200本積むようになります。こちらを石材運搬車に積んで現場までの運搬はおおよそ30往復。1回の運搬になるべく多く積みたいところなのですが、途中かなりの急勾配の箇所がありまして、過積載は危険ですので回数でこなします。間知石の方が僕達石工は得意とするところですが、間知ブロックでも「積み」の職人としてきれいなお仕事を心掛けなくてはいけません。

正直なところ。こういった厳しい案件を億劫に感じてしまう石屋さんは多いのではないでしょうか?

「じゃあミナト石材さんは?」

喜んでお仕事させていただきます!!

弊社の商圏は難現場が多いです。常日頃から知恵を絞って難現場の施工を行っていますので何てことはありません。

むしろ。

専門分野!!

総力戦!!

腕の見せ所!!

このように昂っております(笑)

「他の業者さんが敬遠するような難現場のお仕事を手抜きなしにきちんと施工する」

これが僕の私信であり弊社の姿勢。弊社の生命線でもあります。

お寺様や檀家の皆様に必ずや安心をお届けしなくてはいけません。きちんとした施工を行い、弊社としても新年のより良いスタートとさせていただきたいものであります。

仕事始め以降、作業路作製・足場作製・掘削・沈下防止用コンクリート杭打ち込み・基礎コンクリート打設と進みまして、今週の火曜日から実際の積み作業を開始しました。現在3段目まで積み完了。難現場ですが、日当たりが良いのは大変助かっております。積雪なんて何のその。石工パッションで雪なんてものともせずガンガン施工を進めていく所存です!!

(´∀`)ひそやかに石材業界の発信KINGを目指しま~す♪(´∀`)

㈲ミナト石材も最新情報更新中!!

HP http://minato-sekizai.com/
Facebookページ https://www.facebook.com/minatosekizai
MAIL info@minato-sekizai.com

友だち追加

この記事を書いた人

湊 和也㈲ミナト石材 代表取締役社長
福島県二本松市小浜 ㈲ミナト石材 代表取締役社長。120年続く石屋の五代目です。お墓は「大切だった亡き御家族様の安らかな眠りを願う、残された御家族様の祈りの象徴」です。この私信を胸に、僕は人を想ってお墓をつくり続けます。・・・・・とまあ、お堅い自己紹介はここまで(笑)お酒大好き!!お祭大好き!!二人の娘を持つ石屋のおとっつぁんです!!最近は腕時計の収集に夢中~。と言っても高級品ではなくチープカシオね(笑)ブログは毎日更新しています。お墓づくりに不安のある方や疑問をお持ちの方の一助になれれば、僕にとってこの上ない喜びですっ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。