梅雨。

じめじめして心にまでカビが生えそうになる梅雨が
近いというのに、不思議なことにカラッとした天気が
続いています。
今日も暑い一日でした。
今日はお墓を支える基礎コンクリート打設工事。
炎天下でのこの作業はかなりこたえます。
しかしそうは言ってられません。
一番大事な部分ですからね。
念入りに念入りに仕上げて参りました!!
先日とある市営墓地で基礎コンクリートなしで建てら
れてるお墓を見かけました。
20年、30年前の仕事ならまだしも最近建てたお墓です。
ここ福島だって冬になれば土は凍って凍み上がります
から、基礎工事は念入りに施工しなければならないのに
ふざけた業者もいたものです。
こういった悪質な手抜き工事をしている業者が実際に
いることは非常に残念でなりません。
私はこの仕事で不正をする悪徳業者を許しません!!
お墓は心です。
今夜は商工会青年部の夏祭りの打ち合わせ。
のどがカラカラなので会議後の懇親会が
今から楽しみです。
明日からまた出張です。
今度は東京の新宿で墓石デザインの勉強に
行って参ります。
東京も暑いんだろうな~。

伊達冠石!!

やっと届きました!!
伊達冠石!!
CA3A0017 (2)_convert_20080616171220[1]

CA3A0018 (2)_convert_20080616171333[1]

CA3A0019 (2)_convert_20080616171416[1]

宮城県産出の伊達冠石(通称泥かぶり)
自然石風石塔一式でございます。
本磨き表面の微妙な文様が趣があります。
また鉄褐色の色合いが時間と共にさらに
味わいを増すのもこの石の特徴です。
私が石屋になってからこの石を御納品するのは
今回で二回目。
なかなかお目にかかれる代物ではありません。
ほんとに素敵な石だな~。

月刊 石材。

今月号発売になりました。
まことに恐縮ですが巻頭特集の
「だから今がある~私の出会い、転機、ひらめき~」
に当社㈲ミナト石材が4ページほど載っております。
石文社の中江社長、取材していただきまして
本当にありがとうございました!!
当社は小さな田舎町でひっそりとやってるような
石屋ですが、誌面に当社のPRや社長と私のこの
仕事における所信が実際に載ったのを見まして
身が引き締まる思いを感じました。
活字になったのでそう思うんですかね?
自分の所信なんですけど改めて胸に誓ったといった
ところです。
私の所信。書き出したら止まりませんので。一言。
お墓は心です。
話は変わりまして今朝の地震。
ここ福島県二本松市は震度4。
大きな被害はないようです。
当社でお世話になったお墓も耐震施工は
しっかりやっておりますので特に問題ないかと。
しかし万が一何かございましたらすぐ御連絡
ください。早急に対応いたします。
揺れの大きかった岩手県や宮城県には全優石の
同志の石屋さんが多くいます。被害が大きくない
ことを祈るばかりです。

日焼け。

暑い一日でした。
私達の仕事はもちろん屋外(墓地)での肉体労働ですので
これからの季節は日焼けしてどんどん黒くなります。
石屋になったばかりのころは何も気にせずじゃんじゃん
焼いてましたが、最近は何もケアしないのもまずいな~
と思い、また妻の勧めもあったので今年から日焼け止め
をぬって現場に出るようにしています。
習慣付くよう努力しないと・・・
何年も何もケアせずだった影響かわかりませんが
石屋になる前より色黒になった気がします。
色黒で昔話をひとつ。
御存知の方もたくさんいらっしゃるかと思いますが
今日本で建つお墓はほとんどがお隣中国でつくられます。
昔は国内で100%つくってたんですけどね。
そのため私も年に一度中国へお付き合いしている工場の
視察やら展示会やらへ行くんですね。
4年前はじめて中国へ行ったときの話です。
到着してまずはホテルへ向かいました。
スーツケースを滞在中泊まる部屋に置きに
行ったんです。
エレベーターに乗り自分の部屋の階まで。
エレベーターが開き重い荷物を引きながら
自分の部屋を探します。
そしたら私の部屋の方向から素敵な笑顔の
ベルボーイが私の方へ歩いてきたんです。
私はドキドキしてました。
挨拶される。絶対挨拶される。
当たり前ですけどね・・・・・
どうしよう。どうしたらいいんだ。
私は決心して私から挨拶しようとこぶし
を握ったんです。
世界大体共通「HELLO!!」と。
私の発音でもまあ大丈夫じゃないかと。
「ニイハオ!!」
・・・・・出鼻をくじかれました。
ここからは台本風に。
彼「ニイハオ!!」
私「・・・・・・・・・・・」
彼「ニイハオ!!」
私「・・・・・・・・・・・」
苦しい時間でした。
こんな短いやりとりがおそろしく長く
感じられました。
で結局日本人の必殺技「愛想笑い」で切り抜けようと
したんですが、次に彼が発した言葉に耳を
疑ったんです。
「アロハ~!!」
彼は中国語が通じない私のことを必死にどこの国の人間か
考えたんでしょうね。
仕事柄ガタイがいいですけどね・・・・・
そんなに黒いですかね?

今日は。

福島市のコラッセ福島で石のカンノさん主催で
全優石お墓講座がありました!!
カンノさんの御厚意により弟と二人お邪魔させていただきました。
石のカンノの皆様本当にありがとうございます。
全優石吉田会長の講演を聞かせていただくのは私は三回目です。
何度聞いてもためになります。
弟にとっても貴重な時間だったことでしょう。
お墓の重要性を啓蒙していくこと。
これも私達の大切な仕事ですね。
石屋は売って終わりではなくその後の墓守が肝心。
悪質ブローカーによるお墓のトラブルが絶えないことは
非常に残念でなりません。
「くやしいですっ!!」
・・・・・さむいな・・・・・
お墓はただの「もの」ではありません。
お墓は心です。

盛岡へ。

昨日岩手県盛岡市へ行ってきました!!
私の祖父の代からお付き合いさせていただいている輸入石材卸商社のインターロック㈱さん
の主催で行われてます経営塾に参加するため弟と二人で行ってきました。
普段は一人で参加しているため毎回リンキン・パークを聞きながらの一人寂しいロングドライブ
でしたが、今回は話相手が居ましたのであっという間の3時間でしたね。
この経営セミナーには東北地方の各地から同じ志を持った石屋が集います。
講義の内容もとてもわかりやすく実践的で有意義な時間が過ごせます。
毎度毎度参加するたびに勇気が湧くんです。
弟も大変勉強になったようで目が生き生きとしてました。
まだ石材業界に入って日の浅い弟ですが、こういった刺激を受けて
一歩一歩確実に成長してもらいたいものです。
石屋はご先祖様を大切に供養したいと願うお客様の心に
安心を提供しなくてはいけません。
石屋は心の福祉産業なのです。
お墓は心です。
話は変わりまして。
せっかく盛岡に来ましたので出張の醍醐味「ご当地美味いもの」。
盛岡ですから冷麺!!
行きましたよ「ぴょんぴょん舎」。
CA3A0009_convert_20080607190702[1]

少しぼやけました。
美味しくて手が震えたのでしょう。
先日テレビでギャル曽根ちゃんが食べてて美味い美味いの連続。
本当に美味しかったです。
また機会があれば行きたいですね!!
私的にはセットを頼むと付いてくるビビンバもお勧めです。
CA3A0010_convert_20080607190803.jpg

帰り道は仙台を通りますのでこれまたせっかくですから
仙台市泉区のいずみ墓園へ寄り道。
ここは多くのオリジナルデザイン墓石が建っています。
私は3度目でしたがはじめてきた弟はかなりテンション上がってました。
素敵なデザインに触れる事で感性が磨かれます。
石を磨くのも私達の大切な仕事ですが感性もね。
今月の全優石デザイン大学に参加するのでなおさらです。
想いのこもったデザイン墓石、素敵ですね。
お墓は心です。
非常に有意義な一泊二日の出張でした。
時間をくだっさた社長に感謝。
経営塾を主催されるIRの皆様また小林先生に感謝。
多くの刺激をくれる同志に感謝。
そしてミナト石材を御支持いただくお客様に感謝です。
それと昆社長。アポなしで伺ったのに色々とお話聞かせていただきましてありがとう
ございました!!深く御礼申し上げます。

メンテナンス。

今日も雨です。
梅雨がすぐそこまで来てるのですね。
社長とともに福島市へ石製の音の出るモニュメントのメンテナンスへ。
CA3A0008_convert_20080603162342.jpg

今年3月に福島市の市制100周年などを記念して設置されたものです。
本体の中央にある3つのボタンを押すとそれぞれ
福島セレナーデ
さくらんぼ大将
高原列車は行く
この3曲が流れる仕組みになっています。
どれも福島市出身の古関裕而さん作曲で
福島にちなんだ曲なんですね~。
福島市平和通り沿いパセオ通り入り口に整備された
ポケットパークにありますので興味のある方は是非!!
雨は酷かったんですが無事メンテナンスは終了。
私達石屋の仕事は、こういったモニュメントやお墓を建てる
ことですがその後のアフターサービスやメンテナンスも大事な
仕事なんですね~。
特にお墓。
建てて終わりでなくお客様と共にそのお墓を守っていくことが
石屋の本当の仕事なんです。

御納骨。

あいにくの雨天だったので改葬は延期になりました。
しかしながら私は先日仕上がったお墓の御納骨へ。
昨日は二件御納骨があったんですね~。
CA3A0005 (1)_convert_20080602113415

シートを張りました!!
御施主様また御家族の皆様には線香をあげて合掌していただくときだけでも
傘を手放して拝んでいただきたいので雨の日の御納骨また開眼供養などは
このようにシートを張るようにしています。
お客様はもちろんですが、お念仏をあげていただく御住職にも
大変喜ばれます。
一人では大変なものですから急遽弟の手を借りました。
ありがとう弟よ。